ANAビジネスソリューション株式会社

menu

教育・研修ヒューマンエラー対策

事故はなぜ起きるのか?
どうすれば事故を防ぐことが出来るのか?
その答えはヒューマンエラー対策にあります。

当社の「ヒューマンエラー対策』研修は、ANA整備部門が実施してきた『整備技術を使う人の育成・ヒューマンファクターズ訓練』をベースに、あらゆる業種業態の皆様に活用いただけるプログラムとして進化させたものです。 ANA整備部門出身の講師が、安全への確かな視点とスキルをもった人材の育成をサポートします。

研修のコンセプト

テクニックより、受講者ご自身の「気づき」を大切にしています。
自身でポテンシャルを引き出し、コミュニケーション力を深めるために、最も有効であるためです。

「ヒューマンエラーをゼロにすることは出来ない」
人は人であるがゆえにエラーをなくすことは出来ません。
しかし、「エラーの影響をコントロールすることは可能」です。
「エラーチェーン」
事故は1つのエラーのみが原因となり発生することは稀で、いくつものエラー(事象)がチェーンのように連鎖した結果として発生します。
発生した事故に対し、「誰の責任か?」を問うのではなく「誰が防ぐことができたか?」と問うことが事故防止の基本であり、研修プログラムの骨子です。

ANAのおもてなし

事故や不具合を未然に防ぐための発想とノウハウを、航空業界の事例を交えながらお伝えいたします。

特長

  • ANA整備部門の出身で、整備の現場やスタッフ部門でヒューマンエラーと長年向き合ってきた経験者が講師を務めます。
  • 整備部門のヒューマンファクターズ訓練(教育研修)をベースに、なぜにヒューマンエラーが発生するのかなど、実践的な項目で構成されています。
  • 安全や品質の担当者はもとより、新入社員から管理・経営層に至るすべての人々にお役立でいただける体験ワークエピソードを用いた研修です。

2014年度 ヒューマンエラー対策研修 講師派遣業種別受託状況

主な研修内容

  1. ヒューマンファクターズの基礎ヒューマンエラーを誘発するヒューマンファクターとは?事故発生のプロセスを図式化した“エラー(事象)チェーン”、事象の分析ツール“SHELモデル”などの基礎的な知識と、原因究明型の事故再発防止策の必要性をお伝えします。
  2. 人間特性「思い込み」や「記憶違い」「うっかりミス」あるいは「規則違反」などエラーと密接に関係する人間特性についてご紹介します。
  3. ヒューマンエラー防止法ヒューマンエラーが起きても重大な不具合や事故にならないようにする「エラートレランス」とヒューマンエラー自体の発生を未然に防ぐことでエラーそのものを減少させようとする「エラーレジスタンス」という2つの対策をご紹介します。
  4. 再発防止対策実践法事故当事者、関係者へのヒアリング手法、事故分析と対策立案のエラーチェーン分析手法を事例を基にグループワークで学びます。
ヒューマン
ファクターズとは?
「ヒューマンファクターズ」は欧米諸国で1940年代から盛んに提唱されてきた人間に関わる多くの学問領域での知見をシステムの安全性や効率向上に実用的に活用しようとする総合的学問です。
航空業界の現場のみならず、各種製造業や医療現場など人が介在するあらゆる職業に関係しており、現在は各国の多くの業界において導入されつつあります。

ANAの整備士を数多く育ててきた経験豊富なインストラクターが講師を務めます。

講師派遣型なら… お客様の「日時」「開催場所」「研修内容」にカスタマイズ!

弊社の経験豊かなANA整備出身の講師を派遣して研修を行います。
・日本全国で開催可能。全エリアで実施実績がございます。
・開催会場の手配もお手伝いしております。
・5名~100名まで、参加人数もご要望にお応えします。
・御連絡から最短2週間で、研修実施が可能です(1.5か月前までのお申し込みが標準)

講師派遣型の研修プログラム一覧はこちら

公開講座型なら… 弊社指定の研修施設で『ヒューマンエラー対策研修』を受講!

東京(品川)、大阪(梅田)を中心に、弊社の研修施設等で、開催しています。
個人・法人を問わず、ご参加いただいております。

ANAカード会員なら15%OFF!

研修・講座・講師派遣のお問い合わせ
受付時間9:00〜18:00(土・日・祝・年末年始を除く)

教育・研修へのお問い合わせ

Close