ANAビジネスソリューション株式会社

menu

教育・研修新入社員・階層別研修

講師派遣新入・若手社員研修(技術・技能職)
失敗しない仕事の進め方

業務を確実かつ効果的に遂行するために
身に付けておかなければならない心構えと
失敗しないための基本動作を理解・習得します。

若手社員が陥りやすい仕事上の失敗の具体例をあげ「何故そうなってしまうのか?」などの背景からお伝えすることで受講者の納得を促し、その上で「どうすればよいのか」の改善策を学ぶことで実践力につなげます。

※本研修は、2017年8月に名称変更いたしました。
(旧名称:新入社員研修 ヒューマンエラー対策の基本)

研修概要

主対象者 実務経験が3か月~2年程度の若手社員の皆様
研修形態・時間
  • 4時間~7時間
  • 定員:~30名様
※講義の録音・撮影はご遠慮願います。
講師派遣料金 以下よりお気軽にご相談ください。

ご要望に応じてカスタマイズをご提案いたします。まずは以下よりご相談・お問い合わせください。

このプログラムに関するご相談はお問い合わせフォームへ

基本プログラム

はじめに 人はエラーすることを自覚する。過去に起こした失敗事例について、グループ討議でその原因を考えます。
心構えと基本動作 仕事をする上で身に付けておかなければならないことを確認し、チームでエラーを防止するために必要な行動を学びます。
ヒューマンエラー防止の7つのポイント 自分自身が気を付けるポイントとチームの一員として気を付けるポイントを学びます。
研修の振り返り グループディスカッションを行い、各人が行動目標を設定します。

基本プログラムのPDFをダウンロード

導入事例

様々なニーズにあわせたプログラムをご用意しております。

研修例
【システム企画・開発・運用】
入社9か月目若手社員
実務に携わる中で、仕事における失敗の責任の重さを実感し始めている受講者に、失敗してしまう経緯と改善策を学んでいただきます。明日からの失敗が少なくなることは、若手社員の仕事に対する自信となり業務品質と業務効率の向上にも繋がっていきます。
お客様事例
事例その1[若手社員向け] ヒューマンエラーについて 基礎コース
「現場での作業従事者、スタッフ部門合同(70名)での2年目研修の中で4時間のセミナーを実施。
「実作業者、サポートスタッフそれぞれの立場や仕事の違いはあっても、人がしてしまう失敗=ヒューマンエラーの発生や対策は共通であることを学ぶことができた。」(参加者の声)
事例その2[入社半年社員向け] ヒューマンエラーについて学ぶ
メーカー新入社員(入社後半年リフレッシュ研修)への3時間セミナーを実施。
「自分の仕事に置き換えて具体的にエラーを防止する方法が理解できた。」(参加者の声)

上記以外にもお客様の業種・業態や、受講者数、ご希望のお時間などにより研修内容をカスタマイズいたします。
最適なプログラムをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ご注意:講義の録音・撮影はご遠慮願います

担当講師について

  • 田口 昭彦
  • 石井 和宏
  • 氏原 公明

講師陣は全員整備部門出身者です。長年「安全・品質を担う人財の育成」や「チームマネジメント」に携わってきた者が講師を務めます。

「安全・品質を担う人財の育成」や「チームマネジメント」をヒューマンファクターズ(※)をベースに実践してきたANA整備部門出身の講師が、妥協のない安全・品質に対する確かな視点で『プロフェッショナルとしての責任の重さ・大きさ』を分かりやすくお伝えします。

※ヒューマンファクターズとは
単なる「人的要因」では片づけられない、機械や設備、職場環境などについて、人間の能力や限界・特性などに関する知見や手法の総称で、広義の人間工学。

講師一覧はこちら

公開講座の商品ページもご覧ください

公開講座プログラムの内容で、講師派遣型研修を実施することも可能です。

弊社の品川・大阪梅田教室で定期的に開催している公開講座プログラムの内容で、貴社ご指定の会場にて研修を実施することができます(日本全国対応)。公開講座の商品は階層別だけでなく、初級者~上級者向けといったお仕事経験やヒューマンエラー対策の習熟度に合わせたコースをご用意しておりますので、公開講座ページもぜひご確認ください。

取引実績

実際に導入いただいているご担当者様のインタビュー記事や事例をご紹介しています。