ANAビジネスソリューション株式会社

menu

教育・研修新入社員・階層別研修

講師派遣経営層研修
経営層向けヒューマンエラー対策

エラーに強い組織を目指す皆様へ。
責任追及型から原因究明型へ、組織風土の転換を図るため
経営層として必要な知識をお伝えします。

現場で起こった事故の原因は、経営層のヒューマンエラーによるものかもしれません。しかし経営層のヒューマンエラーは、事故との因果関係が見えにくいため、それだけ根の深い問題になります。だからこそ経営者自身が「自分自身も事故の原因になり得る」ことを認識することが大切です。エラーに強い原因究明型の組織づくりの第一歩として、経営層の皆様が先頭に立って安全に関する基礎知識やキーワードを社内の共通言語にすることから始めてみませんか。

研修概要

安全文化の醸成を、社内一丸となって推し進めるためにトップ(経営層)として必要な基礎知識を、2時間から4時間で学ぶ研修です。

主対象者 経営層の方
研修形態・時間
  • 2時間~4時間の間でご要望に応じてカスタマイズ
※定員はプログラムにより異なります。
※講義の録音・撮影はご遠慮願います。
講師派遣料金 以下のフォームよりお気軽にご相談ください。

ご要望に応じてカスタマイズをご提案いたします。まずは以下よりご相談・お問い合わせください。

このプログラムに関するご相談はお問い合わせフォームへ

基本プログラム

ヒューマンエラー対策の概念 航空界におけるヒューマンエラー対策の取り組みや、最近の事故の傾向を冒頭で学び、ヒューマンエラー対策の必要性に気づきを得ます。そして、事故や不具合の発生を防止するための概念や手法を学びます。
エラー理論(人間特性) 人間はエラーを起こす生き物であることを認識した上で、人間に影響を及ぼす「ヒューマンファクターの管理」について学びます。
バイオレーション(規則違反) バイオレーション(規則を知っているにもかかわらず、意識的に規則を守らない)に傾いてしまう人間特性を踏まえて、一人ひとりが注意して行動すること、そして、バイオレーションを導きやすい環境を組織的に排除する重要性について学びます。
ヒューマンエラー防止法 ヒューマンエラーの背後にある要因を探り出して対策を講じる、エラーコントロールの方法を学びます。
組織が一体となった活動 経営者が強いメッセージを発信することから始まる、「安全文化の醸成」について学びます。

基本プログラムのPDFをダウンロード

導入事例

様々なニーズにあわせたプログラムをご用意しております。

研修例
【サービス業】
社内での導入を前に、経営層に向けて90分の研修を実施。
ヒューマンエラー対策の概要と、経営者からのメッセージの大切さを理解していただき、安全に対する共通言語を持つことの重要性を認識いただきます。
お客様事例
[経営層向け] ヒューマンエラー対策研修
部長、取締役員20名に2時間の研修を実施。
「品質管理部門がエラーチェーン・SHELモデルを活用した業務を行っているため、経営幹部としてヒューマンエラー対策を理解しておく必要がありました。」(参加者の声)

上記以外にもお客様の業種・業態や、受講者数、ご希望のお時間などにより研修内容をカスタマイズいたします。
最適なプログラムをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ご注意:講義の録音・撮影はご遠慮願います

担当講師について

  • 田口 昭彦
  • 石井 和宏
  • 氏原 公明

講師は全員整備部門出身です。長年「安全・品質を担う人財の育成」に携わり、さらにANAグループでの経営経験を有する者が務めます。

自らがヒューマンエラーに関する実務を体験し、見聞きしているからこそ、実際に起きた事例や経験した事例をより正確かつ真剣に説明することができます。だから航空業界の事例であっても分かりやすく、受講者の皆様は自分の職場や事象に置き換えて考えることができるのです。

講師一覧はこちら

公開講座の商品ページもご覧ください

公開講座プログラムの内容で、講師派遣型研修を実施することも可能です。

弊社の品川・大阪梅田教室で定期的に開催している公開講座プログラムの内容で、貴社ご指定の会場にて研修を実施することができます(日本全国対応)。公開講座の商品は階層別だけでなく、初級者~上級者向けといったお仕事経験やヒューマンエラー対策の習熟度に合わせたコースをご用意しておりますので、公開講座ページもぜひご確認ください。

取引実績

実際に導入いただいているご担当者様のインタビュー記事や事例をご紹介しています。